CocoonからSTORK19へのテーマ移行でmetadescriptionの一括移行する方法

ブログで使うWordPress

少し専門的な話ですが、WordPressのテーマをCocoonからSTORK19に変えました。

Cocoonは独自のSEOの設定が行えるようになっており、テーマを移行するとmetadescription(メタディスクリプション)が消えてしまいます。

1から設定するのは大変なので、STORK19にデータ移行する方法をまとめました。

データのバックアップは必ず取得してから行いましょう
また、内部を操作する作業なので、自己責任で行いましょう

CocoonからSTORK19にmetadescriptionの移行方法

プラグイン「Yoast SEO」をインストールする

テーマ「STORK19」内にはSEOを設定する項目がありません。

Yoast SEOプラグインをインストールしましょう。

phpMyAdminを開く

Cocoonのmetadescriptionデータはデータベース内に保管されています。

レンタルサーバ管理画面から「phpMyAdmin」を開きましょう。

wp**_postmetaテーブルの情報を確認する

「wp**(**には何かしらの英数字が入っています)_postmeta」テーブルを確認すると、以下のカラムにmetadescriptionのデータが含まれています。

wp_postmetaテーブル内のmetadescriptionデータ
  • Cocoonのdescriptionが入っているカラム
    • the_page_meta_description
  • yoastのdescriptionが入っているカラム
    • _yoast_wpseo_metadesc

UPDATE文で一括データ移行

後はCocoon→Yoast SEOにデータを移行すれば完了です。

以下のUPDATE文を実行すれば一括データ移行できます。

update wp**_postmeta
set meta_key = ‘_yoast_wpseo_metadesc’
where meta_key = ‘the_page_meta_description’

このコマンドを実行すればYoast SEOのmeta descriptionの中にデータが移行されます。

※ **部分は自分のテーブル名に置き換える必要があります。

投稿の編集を確認するとデータが移行されている

この作業を行った後、投稿済みだった記事の編集画面へ遷移すると、metadescriptionのデータがYoast SEOに反映されていることが確認できます。

既に沢山記事を投稿してしまった場合、この方法で一括移行すると便利ですよ!

↓ クリックしてもらえると頑張れます!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!