就労移行支援、就労継続支援A型・B型、3つの違いについて

先日、就労移行支援事業所を探しに役所へ行ったところ、「就労移行」「A型」「B型」の3種類が載った資料を手に入れました。

私はずっと「就労移行」で進めるつもりでしたし、役所の方も「作業の難しさ的な話をすれば、①就労移行(一番難しい)②A型③B型(一番簡単)です。」と伺っていたので、迷うつもりはありませんでした。

しかし、とある機会からA型とB型の違いについて調べてみると

A型B型
平均月収7万円1~2万円

とあり、混乱しました。

あれ?役所で聞いてた話を踏まえると、「就労移行」だと7万以上もらえるの?

わからなかったので更に調べてみることにしました。

※ 個人的な調べです。正確に知りたい方は役所等に問い合わせてみてください

正式名称は就労移行支援と就労継続支援

「就労移行」「A型」「B型」など、簡略化されていてわかりませんでしたが、正式名称は以下になります。

  • 就労移行支援
  • 就労継続支援 A型
  • 就労継続支援 B型

就労移行支援・就労継続支援A型・B型の違いについて

就労継続支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型の違いについてそれぞれまとめてみました。

就労移行支援

  • 期限の定めあり、基本は2年間
  • 訓練が中心。事業所によって訓練内容は様々でPC中心や軽作業中心など
  • 週2~3日スタートを求め、最終的には週5日利用が多い(就職先にアピールできるため)
  • 就職を目指しているため、勤怠など、働く上での土台作りに力を入れている
  • 一般就労を目指す障害者の方を対象。主治医の了承は必要
  • 就職後に最大3年半の支援
  • B型併設の移行の場合はB同様の工賃発生
  • 一般就労を目指すため、企業見学や実習の機会を得られたり、ハローワークや面接同行などの支援を受けられる

就労継続支援 A型

  • 平均月収 約7万円
  • 雇用契約を結ぶため面接がある
  • 期限の定めなし
  • 週5日程度安定した勤怠を求められる
  • 一般就労が困難な方を対象
  • 一般就労を目指す場合はA型職員による同行支援や定着支援はなし

就労継続支援 B型

  • 平均月収 約1~2万円
  • 雇用契約はなし
  • 期限の定めなし
  • 作業時間は、週1、1日1時間等、短時間から始めることも可能
  • 作業内容は、カフェや調理、パン屋運営、清掃、PC作業、畑作業など様々
  • Aや移行が困難な方を対象

まとめ

それぞれを簡単に表にまとめると、こうなりました!

就労移行A型B型
雇用契約なしありなし
賃金なし最低賃金保証
約7万円
工賃
約1~2万円
利用年齢18~65歳未満18~65歳未満年齢制限なし
利用期間2年なしなし

自分がどこに入れば良いか、ターゲット層はこんな感じになります。

一般企業(正社員・パート)への就職を目指して職業訓練や就職活動を行いたい方は「就労移行」

一般企業への就労は難しいが、ある程度安定して働ける方は「A型」

長時間労働が困難、雇用契約が結べない方は「B型」

自分にあった事業所を利用するようにしましょう!

就労移行支援事業所について、まとめた内容はこちら

リタリコワークスの入り口

就労移行支援事業所の比較・体験・気になる疑問まとめました!

↓ クリックしてもらえると頑張れます!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!