離婚になるまでの経緯・概要。弁護士の先生に聞きたいこと。20200815

2020/08/15 15:19 妻母から「娘が精神を病んでしまった。娘には直接連絡を入れるな。慰謝料を請求する。離婚届にサインして。」という電話を受けました。

離婚に関し、弁護士の先生に相談しに行くにあたり、必要そうな話をまとめることにしました。

概要

年齢や実家

    • 実家は滋賀
    • 現在、精神疾患療養中のため専業主夫(現在 無職)
    • 実家は神戸
    • 私より1つ下
    • 2020年2月より正社員
  • 子ども いない
  • ローン 無し
  • 持ち家 無し
  • 結婚生活における肉体的暴力 お互い無し

結婚~離婚まで、およそ9年

  • 2011年4月 同じ会社で出会う
  • 2011年5月 付き合い始める(当時、お互い1人暮らし)
  • 2012年7月 同棲開始
  • 2015年? ストレスで倒れ、精神障害に
  • 2016年6月 入籍
  • 2017年? 滋賀に引っ越す
  • 2017年3月? 正社員退社
  • 2020年2月 神戸に引っ越す
  • 2020年9月? 離婚予定

※ 大雑把に書いているところもあります。

相談したいこと

慰謝料110万円

2020/08/16 22:32 SMS

妻母から連絡が来ました。

下記対応願います。
清算として、以下の口座に110万入金お願いしたいです。(内訳:六甲での生活費、○○への慰謝料、給付金)

入金確認後、届け出を送付します。1週間ほど六甲の家を空けますので荷物整理をお願いします。

2020/08/16 22:32 SMS

私宛に、私と妻の2人分の金額(20万が振り込まれたので)110万円のうち10万はわかります。

しかし、生活費と慰謝料に関しては、全く納得ができません。

神戸に引っ越してからの半年間は確かに妻が家賃を払っていましたが、それまでの8年間近くは私が全て払っていました。結婚資金数百万円、神戸に引っ越した敷金礼金も全て払っています。神戸の家の冷蔵庫、エアコン、電子レンジ、テレビなど買って3年も経っていないものも全額私側が出しています。

精神的病に関しても、私も妻のせいで精神疾患になったと思う節がありますし(後述)、離婚話直前、神戸で復職の話が進んでいたり、通院してましたが離婚するとなれば実家に帰る必要があるので、面接キャンセルの連絡を入れ、全て無に帰しました。

お互い悪いと思うのであれば0円、どちらかが支払うというのであれば向こうではないかと思っています。

向こうは正社員で働いていて、こちらは精神病ありの無職ですが、払わないといけないのでしょうか。

共通の銀行に私がパートをしていた時の費用も入っています。(証拠を出せと言われれば難しいですが)

何か意見はありますか?

2020/08/18 22:10 SMS

と急かされていますが、返事を返すのが怖いです。

とりあえず弁護士の方に依頼するまでは無視して良いでしょうか。

同居先の荷物について

2020/08/15 15:19 電話

同居していた家にある荷物、私は「事前に家を空けてくれる日を作ってくれれば、荷物を整理する。」と伝えるも、妻母は「鍵を返せ。」「急に帰ってこられたら怖いと言っている。」「私(妻母)同伴のもとであれば荷物の持ち出しを許す。」という条件を言ってきました。

1日で荷物をまとめられるわけもないことくらい理解できるであろうことなのに、理不尽に物言いしてきます。

どう進めるべきなのでしょうか。

2020/08/16 22:32 SMS

1週間ほど六甲の家を空けますので荷物整理をお願いします。

2020/08/16 22:32 SMS

1週間開けると変更がありました。

少し、ここだけは譲ってくれたのかとは思いますが、妥当なのでしょうか。

私の方から引越し業者に連絡して、勝手に日取りを決めて、「いついつに引越し業者を手配したので、その前1週間ほど開けていただくようお願いします。」と言っても良いのでしょうか。

弁護士費用について

初めは些細なケンカで一方的に離婚をLINEで告げられ、そのまま妻が実家に帰ってしまったので、「離婚はしない。」と納得していませんでした。

今は、むしろ妻母の攻撃的な姿勢に憤りしか感じず、「早く届を出して、全て終わらせたい」とさえ思っています。

ですが、鍵の件にしても慰謝料にしても、全て理不尽な物言いに、向こうの親は離婚経験者なので1枚ベテランです。

全ての作業をお願いできるとしたら、費用はどのくらいでしょうか。

今までの結婚から離婚までのあれこれ

精神障害になった経緯

2015年?ストレスにより出勤前に倒れ、救急車で搬送されました。

そこから、血液検査やCT?等、色々検査はしたものの日に日に悪くなり、パニック障害・自律神経失調症・躁うつ病等色々診断名はついたものの、5年近く良くなっていません。

救急車で運ばれた当時、以下のストレスで悩んでいました。

  • 仕事のストレス
  • 妻と妻母へのストレス

仕事のストレス

4年近く会社にいたので、仕事も責任が付きまとい、下にも後輩がいて、ストレスは多かったです。

ブラック会社だったと思うところもあります。

小さな会社なので、直接社長に苦情を伝えるもうまく取り合ってもらえなかったり、後輩にやる気がなかったり、原因の1つではありました。

妻と妻母のストレス

それと同じくらい辛かったのは、妻と妻母へのストレスです。

妻母は「2人がケンカをしたとき話し合いにならないぐらい、言葉の暴力により話し合いにならない!」と言われていますが、そもそもしっかり話せたことはありませんでした。

私が「何か理不尽だな。」等と感じた時に言い合いになることはありましたが、妻は謝ることもないですし、自分の意見を言うこともありませんでした。

何も言ってくれないので、そこからイラっとなって激しく言ったことは確かにあります。

でも、一度、「何故そこまで自分の思っていることを言ってくれないのか?」と聞いたことがあり、妻は「子どものころ、母親から暴力を振るわれたことがあった。あの時の思い出が怖くて、そういう空気になると何も言えなくなる。」と言われたことがあります。

同棲費用も、結婚費用も、「お母さんが費用は全額男が出すものやって。」と言われ、妻も金がないと言うので、年齢も変わらないのに、泣く泣く払ったところがあります。

同棲だけは半分妻母が出しましたが、そのときも「これで結婚資金は無くなったからやって。」と言われました。

妻も妻で

婚約中にも関わらず、「合コンに行く?」と誘われ「行く行く!」と返事していてもめたり

男友達の家でも「トモダチの家泊ってきていい?」と言われ、後日発覚してもめたり

精神疾患を患ってから、友達に「まじで介護レベル。しんどいわ。」愚痴っていてもめたり

結婚資金を一緒に貯めようと約束していたのに、「お母さんが結婚したら旅行とかはいけへんくなるから今のうちにしたほうが良いって」と言われ、友達とディズニーに行ったりしていて、結婚直前に問いただすと一切貯金していなかったり

本当に色々ありました。

パソコンが不慣れ+スマホが普及したばかり、というところがあり、音楽を入れたり、アップデートをしたり、と妻の携帯を借りると男性トラブルで揉めることが数回ありました。前の画面がそのまま開いたままになっていて気づいたり、ベッドの後ろでくつろいでいるのに画面が開いて見えた。等です。

他にも、「何か隠してることあるやろ?」と聞いて発覚したこともありました。

とにかく理不尽で、色んなことでケンカすることが多かったです。

もめた時は必ず、「信用してないのか。」等、信用問題を出してきて結論に至らず、寝ずに出勤したり、仕事中もずっとストレスを抱えていることが多々ありました。

これらも、全てうまく話し合うことはできませんでした。

結局、何が言いたいのかわからん。等言われ、バーッといつも私が話をして、「言われすぎてしんどい」と言われ、泣く泣く話し合いを終了するかたちが多かったです。

私も言いすぎるモラハラだったかもしれませんが、私からすれば、妻母の発言や妻の行動自体が先にモラハラだったと思うことが多々あります。

今回の離婚の話に関しても、自分だけが矢面に立って、妻は妻母が弁護士のように全て仕切っているので、やりたい放題です。

2012年7月から2020年2月まで、家賃・食費・日用品・光熱費はほぼ私が払っていました

同棲直後の大阪では、最初の数ヵ月だけ家賃と食費を少しだしてもらったりはありました。

滋賀に引っ越してからは、ほぼ全て私が支払い、退社後の数ヵ月は食費だけスーパーで出してもらうことはありました。

結婚資金は全て、私1人で出しました。

神戸に引っ越してからは、妻が家賃・光熱費は出していました。

食費は、少し私が負担していました。

神戸に引っ越した経緯

滋賀から神戸に引っ越す、となった時、妻からの提案で「夫親のサポートがあると思ったのになかった。だから神戸に引っ越したい。」と言われました。

その時も「車の運転がしたくない。親のサポートがない。不満ばかりで、神戸に移ったところで、結局、何も変わりはしない。住む家も決まってる、ここからまた0スタートにするよりはこのまま滋賀にいたい」と言い合った覚えがあります。

その後、「妻母が私(妻)の仕事に誘ってもらえそう。一人で行くか、一緒に行くかで悩んでいる」と言う話になり、ちょうど私も無職だったので、「ここで、自分は滋賀で仕事を探してしまったら、おかしなことになるかついていく。」という話をしたはずなのに、先日の電話で妻母より「自分が無理やり神戸についてきた癖に、結局仕事も何もしなかった。」というような言い方をされました。

  • 妻が正社員の仕事先が神戸になったので引っ越すことにした
  • 妻名義でマンションを借りた
  • 「専業主夫でいいよ」と言われていたので、引っ越してからはずっと家事のサポートをしていた
  • 妻は休みの日は友達と遊びに行くか、母親と遊んでばかり
  • ある程度余裕ができてきたら、はい、離婚。慰謝料払え。

と、あまりに理不尽で悔しいです。

気の落ち込みが酷い時は多々あり、そういう日はバイクで1~2時間出かけることもあり、「遊んでばかりいた。」と言われれば、そう写っただろうし、「働いてほしかったけど病むから言えなかった。」と言われても、そうさせた自分にも非はあります。

しかし「専業主夫でいいよ。」と言われても、自分自身なんとか働こうという気持ちがあり、事業所の体験を進めたり、コロナの影響で病院の予約が取れないなどありましたが、できることはやってきたつもりです。

↓ クリックしてもらえると頑張れます!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!