無職だけど、何もできないわけじゃない。家でできる仕事、ストックフォトサービス始めました!

ストックフォトサービス

パニック障害になってから、ブラック企業を辞める決断に踏み込めました。

すごく悩みましたが、続けるも地獄、辞めるも地獄でした。

辞めてしまったら、もちろん収入が無くなります。

また新しく仕事を始めるにしても、パニック発作が出てハードルが高い。。

今日から、ストックフォトサービスで稼いでみることにしました!

そもそも「ストックフォトサービス」ってなに?

あまり聞きなれない言葉、「ストックフォトサービス」。

Weblio辞書から意味を調べてみると、こうありました。

ストックフォトとは、写真やイラスト等の画像素材をあらかじめ用意して利用者に提供(使用許諾)するサービスの総称である。

引用元:ストックフォトサービスとは何? Weblio辞書

難しいですが、ようは

自分で撮った写真か、自分で書いたイラストを、第三者に提供する代わりに報酬がもらえますよ。と言うものです!

私は、本屋さんでストックフォトサービスの存在を知りました。

性格の悪い私は「せっかく撮った写真を人に配るなんてもったいない。」とけち臭いんですよね 笑

でも、30歳を超えてようやくわかり始めてきましたが、ケチケチしない方が大成してる人が多いんですよね。。

晴れた日に外を歩いて写真を撮る→撮った写真でお金を稼げる。

健康+収益とは、障害持ちにはこの上ない話です!

必要なのはスマホでOK!

ストックフォトサービスはスマホでもOK

「プロが使うすっごいカメラがないと、そもそも参加できないんでしょ?」

そんなことはありません。本屋で読んだ記者の方はスマホのみの使用でした。

ストックフォトサービス

ストックフォトサービスの4MPって何ピクセル?スマホでも投稿可能なのかまとめました!

写真を投稿した際に、「ぼやけている」「反射して色が白く飛んでいる」など拒否されることはあるようで、そのあたりは良いカメラを使えば採用される率は上がるようです。

ただし、後程説明していますが、写真があまりにも小さいとNGとなるのでご注意ください。

かなり古いスマホとかだと無理な可能性があります。

おすすめされていたストックフォトサービス2社!

いよいよ、おすすめされていたストックフォトサービス2社に早速登録しました!

写真を購入する人はお金がかかりますが、写真を投稿する人は会員費等は一切必要ありませんでした。

必要だったのはメールアドレスくらいで、どちらも5分程度で登録完了しました。

Shutter Stock

2020年現在、利用者数150カ国130万人突破している「Shutter Stock」です。

投稿する写真の条件はこちらでした。

  • 4.0メガピクセル以上のEPSファイルまたはJPEGファイル

Adobe Stock

「Adobe Stock」は利用者数の記載は見当たりませんでしたが、Photoshop等で有名な大手企業です。

投稿する写真の条件はこちらでした。

  • JPEG 形式のみ
  • 画像の最小解像度は 4MP
  • 画像の最大解像度は 100MP
  • 最大ファイルサイズは 45MB

まずは手始めに5枚ずつ写真を投稿してみました

ストックフォトサービスに投稿した花の写真

手始めに、近所に咲いていた「ツルニチニチソウ」の写真など、5枚をShutter StockとAdobe Stockの両方に投稿してみました。

写真の投稿も一瞬で終わり、超がつくほど簡単でした。

「写真の説明」という項目だけ「ツルニチニチソウ」など打ち込むと「英語で入力してね」と言われたのでGoogle翻訳する必要はありました 笑

「どこにでも生えてる雑草 www」と笑われるかもしれません。

でも、どんな写真に需要があるかなんか関係ありません。

100ヵ国以上が参加をしているのですから、花の写真でも需要はあると思います。

やるのとやらないのでは大きく違うと思うので、今日から散歩に出かけたらパシャパシャ撮って、ストックフォトサービスに投稿していきます!

↓ クリックしてもらえると頑張れます!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!