パニック障害・不安障害で治療費を抑えるなら自立支援医療を考えてみてはどうですか?医療費1割負担になります。

パニック障害・不安障害・自律神経失調症の治療が長引く、医療費が心配、という方、「自立支援医療」というものをご存知でしょうか。

医療費がお安くなるものなので、気になる方は利用を検討してみてください!

自立支援医療ってなに?

自立支援医療ってなんだろう。気になったので調べてみました。

大阪市のホームページに説明があったので引用させていただきました。

自立支援医療(精神通院医療)制度について
自立支援医療(精神通院医療)制度は一定以上の症状を有する精神疾患の治療のため通院医療が必要な方に対して、医療費の支給認定を行い、医療費の自己負担額を軽減するための公費負担医療制度です。

対象者
一定以上の症状を有する精神疾患の治療のため、医療機関に通院している方(診断書により審査が必要です)

内容
通院で必要とした医療費のうち、90%までを健康保険やその他の制度を組み合わせて公費で支払われることを定めた制度です。まず医療保険制度を適用し、その上に公費による負担を組み合わせた仕組みになっています(「窓口費用について」を参照)。

自己負担額
通院で必要とした医療費の内、90%までを健康保険や公費負担の制度を組みあわせて公費で支払われますので、自己負担額は一律10%になります。自己負担額については世帯収入と症状(重度かつ継続に該当か非該当)によって負担額の上限額が定められます。

引用元:大阪市:自立支援医療(精神通院)

私の場合、病院の先生から紙をいただきました

私は、精神科の先生に「自立支援医療をご存知ですか?良ければ検討してみてください。」と書類をいただきました。

大阪の心療内科、精神科では一切話がなかったものの、3件目の他府県の精神科で話をしてもらいました。

何年か日数が経過していないと出ない話なのか、一度取得してしまうと今後の就職や転職に響くから話に出さなかったのか、ちょっとでも医療費を取ってやろうと黙っていたのか、わかりません。

役所で申請用紙はもらえます!

大きな病院の場合、先生から用紙がもらえることがあるかもしれません。

自分から、話を持ち掛ける場合は、事前に市役所・区役所に行って申請用紙をもらっておくと便利です。

私の場合、「健康福祉課(あんしんすこやか係)」に行けば申請用紙がいただけました。

自立支援医療についてのとある会話

みなさんは自立支援法は利用してますか?
病院代が1割になるやつ。

してますよ。

私も自立支援方は病院の先生に進められましたが、「次の仕事に響くのでは?」と取らずにここまで来てしまいました。。
デメリットとかないのでしょうか?

自立支援はそこまで仕事に響きません。

検討した方がいいですよ。
私は診察は480円薬は690円です。
病院には相談員さんいますか?色々聞いたらいいですよ。
相談室というのがあって個別に相談に乗ってくれますよ。

僕はサラリーマンで、働きながら自立支援は受けてますよ。
会社や仕事とは全く関係ないよ。

結構取得されている方が多いようでした。

私は未だに何か裏があるんじゃないか。と勘ぐってしまっていて取得までは至っていません。

消化器内科などは10分の診察で200円程度ですが、精神科は異常に価格が高く、同じように10分の診察だけでも1400円程度、私の場合かかっています。(3割負担です。)

これが460円(1割)になると考えれば、かなり大事な制度ですね。

興味がある方は役所の相談窓口で相談してみてください!

自立支援医療制度、申請しました!

もっと早く申請するべきでした。

もし、万が一、受給者証を取得することでデメリットが見つかればまた記事にします。

しかし、今のところメリットしかないように感じたので申請することにしました。

申請から受給者証が届くまでにかかった期間をまとめました。

自立支援医療の診断書と必要なもの

自立支援医療の申請から届くまでどれくらいかかる?私の場合1ヵ月程度で届きました!

↓ クリックしてもらえると頑張れます!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!